« 天橋立 | トップページ | 環境経営学会 中小企業CSR分科会第31回 »

=中小企業の窮状と公的支援制度の効用=

下記の日程で、桑蓬会第279回として、開催します。特に中小企業の厳しい状況下の生の声が聞けます。関心のある方は、ぜひご参加ください。

日時  平成21年1月15日(木)午後6時~8時
場所  大阪商工会館  6階
発表者 高槻 仁志
テーマ
「60歳にして惑う、年男のつぶやき」
=中小企業の窮状と公的支援制度の効用=
①「建設業の新分野進出モデル構築支援事業」の事例から
(元勤務先の「民再」申請=経営破綻と比較して)
②各種公的支援制度の活用法(兵庫県の事例を中心にして)
昨日は、NPO法人総合マネジメントシステム協会で今年度の講義内容(セミナー・研修会)の打ち合わせでした。
1月は、ISO9001:2008改定内容の解説、昨年からの続きのシリーズでISO14001の再構築、内部監査員養成講座(品質・環境)、ISO9001の見直しと改善など盛りだくさんです。
私も、できる限り講師を務めます。

|

« 天橋立 | トップページ | 環境経営学会 中小企業CSR分科会第31回 »

マネジメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: =中小企業の窮状と公的支援制度の効用=:

« 天橋立 | トップページ | 環境経営学会 中小企業CSR分科会第31回 »