« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

和敬塾50周年記念公演

Cimg4022 Cimg4023 Cimg4024                                         6月27日は、午後から、中之島中央公会堂で”財団法人 和敬塾”関西支部主催の”斎藤 一郎スペシャルコンサート”を聴きに行きました。

財団法人和敬塾(ざいだんほうじん わけいじゅく)は、東京都文京区目白台にある男子大学生大学院生向けの学生寮1955昭和30年)、前川製作所の創業者である前川喜作によって創設された。

斎藤一郎

http://hugebass.exblog.jp/

1969年生まれ。福井県大野市出身。東京学芸大学で作曲と音楽学を学び、卒業後東京芸術大学音楽部入学。どう指揮科を首席卒業後、文化庁在外派遣研究員としてウィーンで研鑚を積む。

曲目:ベートーヴェン作曲 ピアノトリオ第1

   サラサーテ作曲   ツィゴイネルワイゼン

   サン・サーンス   動物の謝肉祭より「白鳥」

   他

ヴァイオリン:寺田 史人

チェロ   :本橋 裕

夜は、ゼネコン時代の同窓会でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

 「社会主義市場経済--中国現代史を眺めて」

6月20日に「桑蓬会」のH21年度の総会と研究会がありました。

日  時   平成21620

(土) 午後200

より受付

場  所   大阪弥生会館

 研究会(第284回)14301630  質疑応答を含む

テーマ  「社会主義市場経済--中国現代史を眺めて」

発表者  西村元廣 氏          

Cimg4002 Cimg4004 Cimg4005 Cimg4006 Cimg4007 Cimg4008 Cimg4009 Cimg4011 Cimg4012

| | コメント (0) | トラックバック (0)

重要文化財 閑谷学校

6月13日と14日に大学のクラブの同窓会で岡山備前の”日生”にて新鮮な魚介類を食べてきました。

Cimg3957 Cimg3960 Cimg3966

また、重要文化財の閑谷学校も見学してきました。ボランティアのガイドさんの説明が非常に詳しくて感激しました。建築学的に見ても柱は背割をせず工夫されていました。

閑谷学校は国の特別史跡に指定されており、特に講堂は、学校建築物としては日本唯一の国宝です。また、石塀を含めすべての建造物は、重要文化財に指定されています。これらを未来の世代へ継承するために世界遺産への登録を目指しています。

Cimg3982 Cimg3984 Cimg3986 Cimg3998

ぜひ、一度見学されることをお勧め

します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

よく笑う人はなぜ健康なのか

国立病院機構函館病院副院長であり、日本笑い学会理事の医学博士の”伊藤一輔”氏の著書を紹介します。

笑いと泣きは健康に良いようです。

笑いと涙は最高のクスリ。伊藤一輔氏の著書には笑い・涙と健康の不思議な関係を明らかにしながら、ストレス社会を上手に生きる秘訣を伝授している。

“笑いの健康効果”

・免疫効果を高める

・脳を活性化する

・笑いはジョギングと同じ

・アトピー性皮膚炎やEDも改善

“涙の健康効果”

・感情の涙はストレスを解消する

・笑えない時は、泣くのが一番

“笑いはなぜ健康に良いのか?”

・笑いは脳を活性化する

・笑いや泣きがストレスをブロックする

・笑うと脳が楽しく体も楽になる

“笑いは人間に与えられた贈り物”

・人は幸せな時、調子のいい時には、自然に笑いがあふれる。しかし、苦しい時こそ笑いが生きる力を与えてくれる。人間だけが生きる苦しみを知っている動物だから笑いを発明した。

私も、常に笑いを心掛けようと思います。また、思い切り泣くときは、泣くことも必要ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビジネスの基本は“みんなが満足”

本日は、午後から熊本への移動です。夜に熊本入りしました。明日から3日間熊本で環境の審査です。今日は、新幹線の中での本の紹介です。

アメリカのコネチカット州とニューヨーク州にあるミッチェルズ・リチャーズ・マーシーズという3つの洋服店のCEOを務める“ジャック・ミッチェル”は、生越したサービスで、多くの人々を魅了する顧客満足の神様。

顧客も社員も『大満足』と言ってくれる5つの原則(社員をハグする5つの原則)

1.誠意を尽くす
社員に対して誠意を尽くし、「あなたは価値ある存在だ」と日々示す。

2.信頼する
社員が失敗した場合、それを素直に話せるような職場環境を作る。融通の利かない規則ではなく、「期待値」(柔軟性のある了解)を設定する。

3.誇りを持つ
やる気を刺激するミッション・ステートメントを社員と共有したり、清潔で魅力的な職場環境を提供したりする。また、コミュニケーションの一員として、慈善活動などに参加する。

4.つながる
意思決定のプロセス全般にできるだけ多くの社員を参加させ、経営陣と社員の間の壁をなくす。

5.認める
貢献した者に対しては、報酬で応えるほか、例えば、社員の希望に応じ様々な形で応える。努力すれば誰にでも獲得できるということを全員に周知する。

その他では、「ねぎらうことに努力を惜しまない」や「11人は何を求めているのかを知る」

簡単なことですが、実行するのは難しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »