« 酒の始まりー奈良からのメッセージー | トップページ | いそいそ!!「ISO9004:2009 生き残るための事業運営」 »

日本小集団協会/講演<岐路に立つ日本外交―米中二極化にどう生きるか>

日本小集団協会

2010.10.17

エル大阪

AM9:30-12:00

1.浅野先生

 ・工業経営研究学会第25回全国大会と台湾企業視察

 ・日中対立で笑う台湾、覇権を握るチャイワン

 ・チャイワン・ストラテジー日台企業共同による中国進出成功のヒント

 ・衣料品の生産、中国離れ加速、バングラなど輸出急増

 ・クラウド時代の端末機

 ・iPadを現場で活用

 ・生物多様性 ほか

2.山口先生

 ・関西大学のビジネスランチアワー「人が学び続ける組織を作る」

 ・出るれの正体

 ・全ては人なんだ

 ・リ・ポジショニング戦略 ほか

3.中村先生

 ・尖閣問題の歴史を知らない民主党の罪

 ・水都大阪と淀川

 ・大阪あそ歩 ほか

4.兵田先生

 ・実践!キャリアコーチング

 ・ジョブ・カード制度について

 ・能力開発をめぐる動き ほか

5.仲谷

 ・よりよいコミュニケーションが心の健康を育む

 ・ISO31000 リスクマネジメント

 ・改正省エネ法

 ・財団法人日本品質管理学会「関西支部20周年記念シンポジューム」

  ①パナソニックの環境・品質戦略②実用段階に入った電気自動車(三菱自動車工業)

  ③住宅の本業を生かしたCSRの推進(積水ハウス)

財団法人日本学協会

国民会館・武藤記念ホール

PM2:00-4:00

講演<岐路に立つ日本外交―米中二極化にどう生きるか>

中西 寛 (京都大学)

Ⅰ.変わる日本の国際環境

1.過去1年の経験:普天間と尖閣の意味するもの

 ①普天間基地移設問題:鳩山政権の失策は明らかだが、原因は根深い

  普天間現行案:05/10、06/

  日米関係の後退 イラク、アフガン、北朝鮮

  オバマ政権の対話、多極路線はその継承。ニクソン時代と似る

 ②尖閣問題―危機管理のまずさ

  中国側に圧力に屈した印象を与えた

  検察の声明:悪い先例となる可能性

  背景となる問題:日本の対中経済依存度の高さ、日本人の安全保障意識→

  両事件は日本にこれまで怠ってきたことのつけを払わされる時期が来てい

ることを示す。

2.日米中の国力比較

Ⅱ.米中の現在

 1.大調整期のアメリカ

 2.「韜光養晦」後の中国(目立たず、力を蓄える)

Ⅲ.日本の採るべき課題

 1.安全保障の総合的、多面的性格

 2.防衛政策

 3.歴史の教訓

|

« 酒の始まりー奈良からのメッセージー | トップページ | いそいそ!!「ISO9004:2009 生き残るための事業運営」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本小集団協会/講演<岐路に立つ日本外交―米中二極化にどう生きるか>:

« 酒の始まりー奈良からのメッセージー | トップページ | いそいそ!!「ISO9004:2009 生き残るための事業運営」 »