ビジネスの基本は“みんなが満足”

本日は、午後から熊本への移動です。夜に熊本入りしました。明日から3日間熊本で環境の審査です。今日は、新幹線の中での本の紹介です。

アメリカのコネチカット州とニューヨーク州にあるミッチェルズ・リチャーズ・マーシーズという3つの洋服店のCEOを務める“ジャック・ミッチェル”は、生越したサービスで、多くの人々を魅了する顧客満足の神様。

顧客も社員も『大満足』と言ってくれる5つの原則(社員をハグする5つの原則)

1.誠意を尽くす
社員に対して誠意を尽くし、「あなたは価値ある存在だ」と日々示す。

2.信頼する
社員が失敗した場合、それを素直に話せるような職場環境を作る。融通の利かない規則ではなく、「期待値」(柔軟性のある了解)を設定する。

3.誇りを持つ
やる気を刺激するミッション・ステートメントを社員と共有したり、清潔で魅力的な職場環境を提供したりする。また、コミュニケーションの一員として、慈善活動などに参加する。

4.つながる
意思決定のプロセス全般にできるだけ多くの社員を参加させ、経営陣と社員の間の壁をなくす。

5.認める
貢献した者に対しては、報酬で応えるほか、例えば、社員の希望に応じ様々な形で応える。努力すれば誰にでも獲得できるということを全員に周知する。

その他では、「ねぎらうことに努力を惜しまない」や「11人は何を求めているのかを知る」

簡単なことですが、実行するのは難しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中小企業家同友会  例会

『全社一丸となって恐慌を乗り越える!!』

~今、求められる『真の経営者』のあるべき姿とは~

本日、大阪府中小企業家同友会の生野・天王寺支部の例会にて、㈱リサイクルの大天政輝さんの報告があります。顧客満足、社員満足、地域貢献の実践をなどされています。

日時  :5月25日 18:10受付 18:25 開会

場所  :大阪社会福祉指導センター 多目的ホール(5階)

      大阪市中央区中寺1-1-54 TEL:06-6762-9471

参加費 :無料

混迷を極める今だからこそ真の経営者として、高い次元で社員の心を一つにまとめる好ましい社風と、会社の進むべき方向を明確に示す経営姿勢で、まとめあげる姿が求められています。解決のヒントとなります。

ぜひご参加ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

景気に左右されない会社大公開!

大阪府中小企業家同友会2008年度 生野・天王寺支部1月例会ごあんない

2003年に創立し、10カ年事業計画を作成し、8年後も最初の計画から数パーセントしか狂っていない成長を遂げられている。

「計画を実行する為の改革を避けようとすると計画は進まない。言い訳の要因や、負の固定観念を排除し粛々と問題に取り組むのが社長の仕事」とお話下さいました。自身の経営手法やノウハウを惜しげもなく伝え、生まれの地“泉大津”のニット産業が衰退から繁栄へ結びつくような仕組みも取り入れられておられます。社内では自身も社員も水平ラインで、社員と共に経営理念も作り上げておられる社長の横顔は、そのポジション(責任)を持つ自己の厳しいお姿とは裏腹に、非常に優しい笑顔をされていました。 我々経営者が本当にやらなければいけないことの全てが含まれる報告です。

大阪府泉大津市池浦町1-5-19

平成19年度中小企業の新たな事業活動の促進に関する法律

(新事業活動促進法)にに基づく経営革新計画常任企業に認定

7回大阪フロンティア賞

魅力あるものづくり企業部門ノミネート優良企業 受賞

金沢 克哉 氏 ㈱アイソトープ 代表取締役の報告会です。

日時  1月23日(金)

18:10 受付開始 18:25 開 会

会場  大阪社会福祉指導センター

多目的ホール(5階)

.

大阪市中央区中寺1-1-54 TEL06-6762-9471

.

「谷町六丁目」下車           ④番出口から徒歩5

「谷町九丁目」下車           ②番出口から徒歩8

参加費       無料〔~懇親会費3,500円(自由参加)〕

ご返信は【組織活動支援システム e-doyu 】から

http://e.doyu.jp/osaka/7days/default.cfm

是非、厳しい社会情勢なので参考になると思います。

聞きにきて下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

=中小企業の窮状と公的支援制度の効用=

本日は、午後からISO9001のコンサル打合せ、その後夕方から『桑蓬会』に出席。

高槻さんによる発表で

①「建設業の新分野進出モデル構築支援事業」の事例から
(元勤務先の「民再」申請=経営破綻と比較して)
②各種公的支援制度の活用法(兵庫県の事例を中心にして)
建設業界の実態と公的支援制度の活用法は、事例をもとにされ非常に参考になりました。
私も元ゼネコン出身のため、建設業界の体質や制度の変化もあるが多くの問題点を感じています。
元気があり、利益の出ている建設業社もいるのは事実であり、経営者の力量の差も大きく出てきているのかもしれません。
Cimg3760 Cimg3761 Cimg3762

| | コメント (0) | トラックバック (0)

=中小企業の窮状と公的支援制度の効用=

下記の日程で、桑蓬会第279回として、開催します。特に中小企業の厳しい状況下の生の声が聞けます。関心のある方は、ぜひご参加ください。

日時  平成21年1月15日(木)午後6時~8時
場所  大阪商工会館  6階
発表者 高槻 仁志
テーマ
「60歳にして惑う、年男のつぶやき」
=中小企業の窮状と公的支援制度の効用=
①「建設業の新分野進出モデル構築支援事業」の事例から
(元勤務先の「民再」申請=経営破綻と比較して)
②各種公的支援制度の活用法(兵庫県の事例を中心にして)
昨日は、NPO法人総合マネジメントシステム協会で今年度の講義内容(セミナー・研修会)の打ち合わせでした。
1月は、ISO9001:2008改定内容の解説、昨年からの続きのシリーズでISO14001の再構築、内部監査員養成講座(品質・環境)、ISO9001の見直しと改善など盛りだくさんです。
私も、できる限り講師を務めます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桑蓬会278回

本日は、桑蓬会の第278回例会とそのあと忘年会に参加しました。

本日の例会での事例研究として下記のような発表でした。

発表者:内池 滋 様

『事例研究』 ある温泉旅館に対する事業再生可能性診断の視点と新手法

1.企業概要

2.事業再生:2次支援可能性診断の結論

3.各論

①財務分析②経営基本③社長の資質・能力と他の取締役について④接客サービス⑤経営管理体制⑥○○診断士の総括について⑦社長との面談からの特記事項

本日は、最後に全員で『ホワイトクリスマス』『もろびとこぞりて』を合唱して終わりました。

事業再生の良い勉強になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ある温泉旅館に対する事業再生可能性診断の視点と新手法

桑蓬会228回

下記日程にて、開催いたします。

素晴らしいお話を聞けると思います。楽しみにしています。

ご希望の方は、ご連絡ください。

1.日時     平成20年12月20日(土)
                 午後2時半より  講演会
          午後5時から7時 懇親会
2.場所     大阪弥生会館
3.費用     会費半年分 3500円 懇親会 6500円
4.演題     【事例研究】
          ある温泉旅館に対する
          事業再生可能性診断の視点と新手法
5.講演者    内池  滋 先生

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夕学五十講

昨日は、大阪商工会議所での夕学講座に参加しました。

『働く人の為の意思決定論』

長瀬 勝彦:首都大学東京 大学院社会科学研究科 教授

今日の目標

1.意思決定に関して抱いていた認識が神話であった(誤った固定観念や思い込みであった)ことに気付く。

2.人間の意思決定の現実について理解を深め、今後のビジネスやプライベートの意思決定を改善するための取り組みについて考える。

ポイント

・より良い意思決定は意識と無意識との共同作業で生まれる。

1.自分がエキスパートと任じている分野の問題、考慮すべき要因が少ない問題は、無意識の早とちりに陥っていないかを十分に考慮した上で、意識レベルで熟考して決定する。

2.自分が必ずしも詳しくない分野の問題、考慮すべき要因が多い問題は、あまり考えすぎずに、大まかな論点をピックアップする。その後しばらく寝かせて無意識に作業させる。そしてもう一度意識レベルで検討して、直観が指し示す選択肢を選ぶ。

今週の土曜日に富雄の”ミルクティ”にて、ライブがあります。行きたいのですが、残念ながら仕事です。今度は、9月14日(日)に、開催されるそうです。具体的に決まれば、掲載します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

極限状況下のリーダーシップ

6月21日土曜日に、桑蓬会にて”岡市敏治”氏による『極限状況下のリーダーシップ』について、講演して頂きました。

岡一敏治様のご紹介

岡市敏治氏は、1986年、神戸大学チベット学術登山隊長として、当時世界第2の未踏峯であったクーラカンリ(7554m)初登頂を指揮されました。以来、『極限状況下のリーダーシップ』『ヒマラヤ処女峰登山の事例に学ぶ 』といったテーマの講演などで活躍さてれています。

共通の目標をもつ、信頼して任せる、お互いの信頼関係、などビジネスでも共通することばかりのようです。非常に参考になりました。

Cimg3104 Cimg3105 Cimg3106 Cimg3110 Cimg3117 Cimg3126

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サスティナブル経営各付け活動

長~い間忙しくて、ブログ書いてませんでした。少し余裕が出てきましたので、ぼちぼちと書いていきます。

3月6-7日と、『特定非営利活動法人 環境経営学会』で『ニチレイフーズ』様のサスティナブル経営各付け/経営診断の評価員として参加してきました。経営分野・環境分野・社会分野の3分野での評価です。

目的は、サスティナブルな企業になる為の気づきを一緒に勉強していくものです。本社は、築地の勝鬨橋のたもとです。大いに私も勉強になりました。

ニチレイグループの『ニチレイグループの社会環境報告書』をご覧ください。

6つの責任①新たな顧客価値の創造②コーポレートガバナンスの確立③コンプライアンスの徹底④環境への配慮⑤働きがいの向上⑥ニチレイらしい社会貢献の推進

素晴らしい会社です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧